ブログバナー

  • にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

無意識本能レベルから己を変えたリンク集

  • 脳外科医 手の震えとうつ病の体験の手記 身の毛もよだつ最悪の日々からの生還
    脳外科医の先生のブログ。手の震えと不眠症とうつ病のことが書かれてあります。岩波先生のプログラム卒業生のお医者さんです。
  • あがり症男があがり症をあがるまで
    職場の異動によって、従来の力が出せなくなってしまったブログ主さんの体験談。仕事環境の変化についていけないと、ストレスや緊張や人間関係などで心がやんでいきます。私もあがり症だったから気持ちが良くわかります。他に自己啓発セミナー体験記も記述
  • こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法
    職場の人間関係は厄介です。私は二代目社長として、また別の職場での人間関係があり、とても苦労しました。どんな立場でも、一番やっかいなのは人間ということですね。
  • 自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆
    自己啓発セミナーの合宿経験者です。脳覚醒の経験者でもあります。自己啓発や成功哲学に興味をもつのは、仕事熱心な人ならば当たり前でしょう。しかし人が変わるのは並大抵なことではないようです。
  • アカシックレコード店 ~僕のスピリチュアル脳覚醒体験記~
    瞑想やスピリチュアルといった人智を超えた世界に興味を持っている武藤さんのブログ。宇宙の意識や心理、集合的無意識、アカシックレコードを追い求めています。そこで得た心理を仕事にフィードバックしたいとのことです。岩波先生の脳覚醒プログラム経験者
  • 2代目社長専門心理脳内プログラム
    脳の魔術師、カリスマ岩波先生の心理脳内プログラム、脳覚醒プログラム。2代目社長向けの内容です。世界中からお客さんが訪問するぐらいの驚天動地の技術を開発した鬼才です。
  • こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法
    「職場の人間関係の悩みへの対処法と私が人間関係の悩みを解消した方法について記述していくブログです。いじめのトラウマを克服し、メンタル強化とコミュニケーション能力向上をしていくことで、昔の劣等感や否定感がなくなり、自己肯定感や自信が芽生えてきました」
  • 超瞑想状態の劇的効果を体験した医師のブログ
    岩波先生の作り出すトランス状態、つまり超瞑想状態の効果の体験と検証を行っているブログです。瞑想で心の平穏と健康、そして更なる飛躍を願う人にとって、とても役立つブログだと感じます
  • 心理・脳内コンサルタント岩波先生のオフィシャルサイト
    現在もお世話になっている二代目社長の救い主岩波さんのオフィシャルサイトです。 潜在意識・無意識、脳内本能から神業に近いトランス技術で、力になってくれました。 交渉・コミュニケーション能力も一流で、他に二人と存在し得ない存在だと思います。 カリスマ心理・脳内コンサルタント、鬼才セラピストとして非常に支持が高い先生です。
  • 2代目横丁ドットコム
    二代目経営者の悩みの受け皿となるホームページです
  • 不倒翁 鬱病からの再生
    現在、独立し経営されているヒロシさんの鬱病に関するホームページ。人事抗争に巻き込まれて鬱病になってしまったそうです。社員も経営者もみな困難な条件で生きなければいけない現実が身に染みます。
  • 外科医神経症闘症記
    お医者さんの心の悩みを克服した体験談を書いているブログです。私のコンサルタントの岩波先生のプログラムで悩みを解決したそうです
  • プレミアセラピー回想記と鬱病とパニックの手記
    企業経営者bigbossさんの岩波先生のプログラム回想記。企業経営者だった父親との確執から家を飛び出し、自ら起業をしたやり手です。二代目社長になる道もあったでしょうが・・・。しかし経営や家族の問題から鬱病やパニック障害を発症し、進退ままならなくなったとのこと。私と同じコンサルタントである岩波さんの力を得て症状を克服。強烈な経営者である父親の影響は本当にわかります。困難を乗り越えられたbigbossさんは尊敬するしかありません。
  • 弁護士話し方&会話術獲得奮闘記
    弁護士ゆえの交渉や弁論の悩みと交渉術を獲得に努力・奮闘をホームページに掲載されております。
  • 脳覚醒と会話の格闘術で脳力開発! 経営者の人間力向上奮闘記
    IT企業を創業された社長のブログ。 交渉、営業能力の欠如から、経営が傾いたとのこと。その危機感から私の心理・脳内コンサルタントの岩波先生のプログラムに参加して、交渉術を身につけ、経営を立て直したとのこと。 同じ経営者という立場としてとても気になるブログ。
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 二代目社長は失敗を怖がる 恐怖症だった私 | トップページ | 親父が小さく見えた時 2代目社長が1代目を超えた時 »

2014.10.21

あがり症の弱点と弱い自分と強圧的な親父

立場・肩書をなくしたら、丸裸の私

社長である前に、その虚飾を脱ぎ捨て一人の裸の人間としてみた場合、私はあまりに弱くもろく不安だらけで自信がなかった。
運良く二代目社長としてあとを継ぐことができただけの話で、なんら人間力も仕事力もメンタルタフネスもない小さな小さな存在だった。

それが嫌で嫌でたまらなかったら虚勢を張って頑張ろうとしたが、万が一周囲の人間をだますことができても己の心だけは騙せなかった。
もちろんその過酷な現実を受け入れるだけの度量が当時はなかった。
かといって現実と理想のギャップは厳然として存在していたわけで、それだけで私の心は軋み始めていた。

 

現実を受け止めることは過酷だ

親父の代からの古参幹部や古参社員の中で(それも社畜としてではなく自分を持っている者達)、勘が良い人間は私のその薄っぺらい人間力を見通していただろう。
だからいくら頑張っても彼らの受けは良くなかった。
当たり前だ。
私は、それだけの人間だったから。

ただそれは今だからこそ自分はみみっちい存在だったとか、虚勢を張っていただけの自分がない人間だったと言えるが(それは今精神的余裕と自信があるからだ)、当時はもう恐ろしくて恐ろしくて現実を見られなかった。

ちっぽけな私を直視するには私はあまりに弱かったし自信がなかった。
そこから目を背けて、いくら瞑想修行をやろうが修験道をやろうが、根本がもろいのだから効果がなかったのもうなづける。
本を読んでも同じことだ。

思えば私の今までの自己啓発的行動は、自分を強くするためもあるが、自分の弱さをおざなりにして、体裁だけ繕ってどうにかよく思われよう、強い人間だと思われようとしていただけの小細工に思える。

私のコンプレックス、緊張のしやすさとあがり症

私にはたくさん弱点があった。
その中でも人前に立つだけで体が震えるほど緊張しやすかった。
つまりあがり症だったのだ。
説得力のある言葉を社員たちの前で、しかも古参社員の前で吐けるかといえば決して無理だった。

変に思われないように場を取り繕っていただけの訓示だったし、魂のある言葉なんか当時の私には無理だった。
先代社長の親父は違っていた。
叩き上げの親父の言葉は重みがあった。
そこに私はコンプレックスを持った。
いや以前からコンプレックスを感じていた。

親父への萎縮があがり症を作る


私があがり症になったのも親父の強圧的な態度が発端だった。
子供時代から親父の圧力に怯えていた。
親父が在宅時、食卓についたら、自分があまり礼儀作法がないくせに、子供にはとにかく厳しかった。

じゃあ親父のマナーはどうなんだと指摘したかったが、そんなことをしたら鉄拳制裁だった。
とにかく自分が絶対的正義、家父長的、封建的な存在だったから、私はすっかり萎縮してしまった。
親父が在宅時は飯も喉に通らないくらいストレスが強かった。

だから出張や仕事が忙しくて家にいない時、本当に伸び伸びできた。
もちろん鬼の居ぬ間の洗濯だったし、親父が戻ってきたらすべてが張り詰めた空気になるのはわかっていたから、内心親父がいなくても怯えていたのだが。
だからあんまり子供らしい態度を親父に示したことはなかっただろう。

幼稚園までさかのぼったら、過去の写真を見る限り、珍しい親父の笑顔と私の無邪気な笑顔があったわけだから、一家団欒的なぬくもりもあったかもしれないが、物心ついてからはそんな記憶は殆ど無い。
とにかく親父への萎縮は、そのままスライドし、人前での萎縮につながった。

緊張をコントロールできなかった

私はとにかく人よりあがりやすかった。
足がガクガク震え、人前に立つと声もか細くなるタイプだった。
冷静な頭なんかなくなるし、焦って普通を装うために頑張ろうとしても、余計力が入って緊張してしまっていた。

そんな人生だったのだから、特に古参社員を前にしては、喉が締め付けられたり呼吸が息苦しくなり、とにかく萎縮してしまった。
こういう弱点を受け入れる度量がなかったから、臭い物に蓋をして生きようとしても、私の弱点を見透かすような人間(と私が判断した人間)は特に苦手だった。
そういう人間と話すだけでも緊張感が半端無く襲ってきた。

これでは親父を超えることなんてできないし、しかし私の社長という立場上、どうしても社員を導いて、業績を上げ続けなくてはいけないというプレッシャーの板挟みで本当に苦しみ続けてきた。

二代目社長の苦しみはなった人間のみわかる

よく二代目社長は「楽に社長になれていいですね」と羨ましがられたり、裏の意味でやっかみというか蔑みの言葉をかけられるのだが、あのプレッシャーだけは体験した人じゃないとわからないだろう。
産みの苦しみを味わい、失敗をものともせず邁進し続けた親父はたしかに凄いが、それとは別の苦労がある。

それに二代目だろうが、新しく生み出さなければいけないことはたくさんあるのだ。
思い返すに、当時の弱かった私は、そんな土台の自分だったのだからいくら強くなろうとあがいても無理だったはずだと思う。

メンタルタフネスを獲得する秘訣

今も苦心惨憺でそれでも頑張っている人も多いと思うが、私が遠回りをしてしまった轍を踏まないように、もし弱点があっても土台から自分をしっかりと見つめなおす覚悟と強さを持って、その上で自分を啓発していくべきだと思う。

時間は限られているし、精神的強さというものは時間が解決してくれないものなのだから。
自分は弱い人間、だからこそ強くなれる。
強い人間は、自分が弱い人間だと誰よりもわかっている人間だ。
本当にそう思える。

参考サイト:メンタル強化方法

Hr4priyadarshikunal
二代目社長の悩み克服 メンタル強化と脳覚醒奮闘記 index

« 二代目社長は失敗を怖がる 恐怖症だった私 | トップページ | 親父が小さく見えた時 2代目社長が1代目を超えた時 »

二代目社長の悩みと苦悩と孤独」カテゴリの記事

コメント

社員の事で色々と悩んでいたところ、ブログを拝見させて頂きました。

また私自身感じている事、行っている事が重なっていました。

少しでも大きく見せたい。社員に、両親に、銀行に安心してもらいたい。優秀に思わせたい。

いかに背伸びし、評価されることに重点を置いていました。

また売り上げを伸ばすための戦略ではなく、現状の売り上げでやりきれるようにまとめる消極的な経営。。

強がっている自分の姿を見るようなブログで衝撃を受けました。


更新楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1422227/57826254

この記事へのトラックバック一覧です: あがり症の弱点と弱い自分と強圧的な親父:

« 二代目社長は失敗を怖がる 恐怖症だった私 | トップページ | 親父が小さく見えた時 2代目社長が1代目を超えた時 »