ブログバナー

  • にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

潜在意識から自分を変えられた方のリンク集

  • 人生が変わる、自分を変える! 自分が根本から変わる方法伝授
    自分を変えなければ未来はなく、人生を変えることが難しいというテーマで書かれてあるブログになります。門司さんの体験談や人生を変える方法についてのブログ
  • お金儲けできる人は脳が違う! 脳を覚醒させてお金持ちになれる唯一の秘訣
    お金儲けやお金持ちになる方法に特化した岩波先生のセミナー経験者の自己啓発系ブログ。貧乏生活のどん底から、お金を引き寄せられる”脳”を手に入れた風祭社長のブログです。
  • 脳外科医 手の震えとうつ病の体験の手記 身の毛もよだつ最悪の日々からの生還
    脳外科医の先生のブログ。手の震えと不眠症とうつ病のことが書かれてあります。岩波先生のプログラム卒業生のお医者さんです。
  • あがり症男があがり症をあがるまで
    職場の異動によって、従来の力が出せなくなってしまったブログ主さんの体験談。仕事環境の変化についていけないと、ストレスや緊張や人間関係などで心がやんでいきます。私もあがり症だったから気持ちが良くわかります。他に自己啓発セミナー体験記も記述
  • こうして解決! 職場の人間関係の悩み対処法
    職場の人間関係は厄介です。私は二代目社長として、また別の職場での人間関係があり、とても苦労しました。どんな立場でも、一番やっかいなのは人間ということですね。
  • 自己啓発の夢と現実 ☆脳覚醒ダイアリー☆
    自己啓発セミナーの合宿経験者です。脳覚醒の経験者でもあります。自己啓発や成功哲学に興味をもつのは、仕事熱心な人ならば当たり前でしょう。しかし人が変わるのは並大抵なことではないようです。
  • アカシックレコード店 ~僕のスピリチュアル脳覚醒体験記~
    瞑想やスピリチュアルといった人智を超えた世界に興味を持っている武藤さんのブログ。宇宙の意識や心理、集合的無意識、アカシックレコードを追い求めています。そこで得た心理を仕事にフィードバックしたいとのことです。岩波先生の脳覚醒プログラム経験者
  • 岩波英知先生の経営者専門脳覚醒セミナープログラム
    脳の魔術師・岩波先生の心理脳内プログラム、脳覚醒プログラム。経営者専門のセミナーです。世界中からお客さん(有名人、カリスマ経営者も多い)が訪問するぐらいの圧倒的効果をもたらす技術を開発した鬼才です。
  • 超瞑想状態の劇的効果を体験した医師のブログ
    岩波先生の作り出すトランス状態、つまり超瞑想状態の効果の体験と検証を行っているブログです。瞑想で心の平穏と健康、そして更なる飛躍を願う人にとって、とても役立つブログだと感じます
  • 心理・脳内コンサルタント岩波先生のオフィシャルサイト
    現在もお世話になっている二代目社長の救い主岩波さんのオフィシャルサイトです。 潜在意識・無意識、脳内本能から神業に近いトランス技術で、力になってくれました。 交渉・コミュニケーション能力も一流で、他に二人と存在し得ない存在だと思います。 カリスマ心理・脳内コンサルタント、鬼才セラピストとして非常に支持が高い先生です。
  • 2代目横丁ドットコム
    二代目経営者の悩みの受け皿となるホームページです
  • 不倒翁 鬱病からの再生
    現在、独立し経営されているヒロシさんの鬱病に関するホームページ。人事抗争に巻き込まれて鬱病になってしまったそうです。社員も経営者もみな困難な条件で生きなければいけない現実が身に染みます。
  • 外科医神経症闘症記
    お医者さんの心の悩みを克服した体験談を書いているブログです。私のコンサルタントの岩波先生のプログラムで悩みを解決したそうです
  • プレミアセラピー回想記と鬱病とパニックの手記
    企業経営者bigbossさんの岩波先生のプログラム回想記。企業経営者だった父親との確執から家を飛び出し、自ら起業をしたやり手です。二代目社長になる道もあったでしょうが・・・。しかし経営や家族の問題から鬱病やパニック障害を発症し、進退ままならなくなったとのこと。私と同じコンサルタントである岩波さんの力を得て症状を克服。強烈な経営者である父親の影響は本当にわかります。困難を乗り越えられたbigbossさんは尊敬するしかありません。
  • 弁護士話し方&会話術獲得奮闘記
    弁護士ゆえの交渉や弁論の悩みと交渉術を獲得に努力・奮闘をホームページに掲載されております。
  • 脳覚醒と会話の格闘術で脳力開発! 経営者の人間力向上奮闘記
    IT企業を創業された社長のブログ。 交渉、営業能力の欠如から、経営が傾いたとのこと。その危機感から私の心理・脳内コンサルタントの岩波先生のプログラムに参加して、交渉術を身につけ、経営を立て直したとのこと。 同じ経営者という立場としてとても気になるブログ。
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月の記事

2015.01.15

親父が小さく見えた時 2代目社長が1代目を超えた時

大きく見えた創業者の親父の背中

私にとって親父の背中は恐ろしく見え、ある意味頼もしくも見え、ある意味では自分がちっぽけに思えるほど、強靭に見えた。
私は彼を超えることが出来るのか? そう自問自答し悩んでいた時、どうしても強靭な大きな親父の背中がますます大きく見えていた。

同時に反射神経的に、私自身の頼りなさを思い知ることでもあった。
背は小さい親父であったが、その背中は私にとって恐怖だった。

先代社長が大した事がないと思えた時

そんな自分がちっぽけに思える心象風景が、いつからか変化していった。
親父の背中がとても小さく思えた時があった。
それは、いつも親父を前にすると萎縮していた心が解放された瞬間でもあった。
その時、私は初めて自分の足で人生を歩める事ができたと思う。

その自由と解放感!
私はそれを求めて、ずっと瞑想をやり自己啓発をやり、様々な悪戦苦闘をしてきたのだ。
今までの苦労が報われた瞬間だったと思う。
私がやってきたことの苦労が報われた時だった。

親父を超えたと思える瞬間

岩波先生の技術とコンサルティングのおかげでもあるが、岩波先生もある時、自分の強烈な個性を持つ父親が小さく見えたという。
息子は父親を超えなくてはいけない時があるのだ。

私が社長業についても、ずっと私は親父の精神的支配下、抑圧下にあった。
社長というものの名ばかりで、私自身の能力、人間力のなさが一層浮かび上がり、生きた心地なんてしなかった。

だが、岩波さんの脳覚醒技術と経営者向けのコンサルティングを受けて、今までと違う風を感じ始めた。
プログラムを受け続け、心の抑圧、精神的枷を外し、プラス暗示を本能に叩きこむことができ、自分自身強くなった実感を少しずつ積み重ねていった時、こんなことが起きた。

私と親父は口論をした。
以前は口論などできなかった。
一方的な説教になっていただろう。

だが、風向きが変わった。
親父もまさかここで口答えを私がするとは思わなかったのだろう。
むっとしたような意外なようななんとも言えない表情をした後、飼い犬が反抗した時の飼い主のように、再び支配下に私をおこうと強圧的な態度をとってきた。

親父との対峙、私の中での勝利感

その殺気を感じるやいなや、今までの私はそれまでのシミュレーションなど吹っ飛び、萎縮してしまっていた。
そんな自分が嫌で後で死ぬほど後悔をし、自己卑下をするのであったが、私には芯の部分に確固たる強さを感じていた時だった。

ここで人生が変わる、変えてみせる! それがごく自然に、そして強く私の心を包んでくれた。
空回りしていない自分をはっきり悟ることができていた。
今まで感じたことがない充実感と覚悟と勇気に、私が一番意外に思いながらも、親父に言い返した。

おそらくただの暴発的反論ではなく、理路整然整った上で、言葉の力、説得力も乗っていたのだろう、親父は私の気迫?に飲まれてか、私を観察するような表情で、私の言い分を最後まで聞いていた。

その時、親父が私を認めたのかどうかは定かではないが、私は人生で初めて、親父を前にして、自分の言いたいことをと洗いざらい述べることができた。

それでも親父は頑固者だ。
やはり反論してきた。
否定的な言葉を猛然と浴びせてきた。

しかし、私はそれに萎縮することなく、私自身の考え、やりたいことを主体的に述べた。
気持ちを込めて、親父以上の胆力を持って。
それができたことに私自身がびっくりしたが、親父は私を試すかのように、再び反論してきた。

大きく見えている人物は、本当に実態以上に大きいのだろうか?

 

もしかしたら、私の変わりようを驚きつつも認めたのかもしれない。
とにかく親父の反論がガキっぽく、古臭いものだと私は感じた。
「ああ、親父も一皮むけば、小さいところもあるんだな」と感じた。

その時、今まで強靭強大にしか思えなかった親父の存在を小さく感じることができた。
その時の口論は結論が出なかったものの、私の変化を感じ取った親父は、それ以降、次第に口を挟まなくなった。


古参社員へも気持ちで上回れるようになる

この結果、私は最高に実のある自信を強さを身につけることができた。
親父の代からの古参社員に対しても、萎縮することはどんどん無くなっていった。
所詮は、といったら申し訳ないが、雇われた社員だ。
人事決定権は私にある。

いくら能力があろうが、経験が豊富だろうが、私は先頭で引っ張らなくてはいけない。
サラリーをもらう人間と責任を一身に引き受ける立場、そう考えると、全てが小さいことに思えるようになった。

私の責任感に比べたら、古参社員のそれとは比べ物にならない。
背負っているものが違う。
それに、私は「できる」力を持っている。
萎縮する必要なんてない。

強くそう信じられるようになった。
だましだまし自分に言い聞かせていたことが、心の底からそう思えるようになった。
親父への精神的従属から脱却できた。

Hr4priyadarshikunal
二代目社長の悩み克服 メンタル強化と脳覚醒奮闘記 index

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »